京都着物レンタル夢京都祇園店 人気観光地からすぐに店舗ございます。

ご予約・お問い合わせ(9:00〜20:00・年中無休)

075-561-9410

24時間受付中かんたんネット予約
京都の着物レンタル 夢京都 祇園店 > 夢京都コラム > 初心者向け|着物の選び方【きものレンタル夢京都祇園店】

column

夢京都コラム

column

夢京都コラム

2020年05月12日

初心者向け|着物の選び方【きものレンタル夢京都祇園店】

初心者向け|着物の選び方【きものレンタル夢京都祇園店】

 

着物は普段着としても使えますが、お呼ばれした場合にはその場に合わせた着物選びをする必要があります。

席や立場によって着るべきものが異なるためです。

冠婚葬祭に合った着物で場に赴くのが失敗しない着物選びのポイントといえますが、着物について詳しくない場合は何を着たら良いのか悩んでしまうでしょう。

そこで、失敗せずに選ぶためには着物の種類を知るところからはじめると良いでしょう。

今回は着物を失敗せずに選ぶために、どのような着物があるのかを確認していきましょう。

 

 

着物の種類とは?

 

 

着物の種類と聞くと何やら難しそうと思ってしまいますが、大まかにカジュアルかフォーマルかに分けられます。

TPOに合わせた着物を選ぶためにはこの分類を念頭においておくと良いでしょう。

 

格式の高い着物

 

・黒紋付

第一礼装と呼ばれる着物です。

着物の中で一番格式が高いものです。

お葬式での着用が大半です。

 

・黒留袖

結婚式で新郎新婦の母親が着用しているのがこの黒留袖です。

この着物も第一礼装に分類されますが、第一礼装だからといって、友人の結婚式に着用してはいけません。

既婚女性かつ近い親族が着る着物になっているので注意してください。

 

 

・色留袖

既婚・未婚問わず着用できる礼装とされています。

生地の色は様々で、華やかな場に合ったデザインも多いです。

明るい色を着用したいという親族の若い女性は、黒留袖ではなく色留袖を選ぶこともあります。

 

華やかな場に合った着物

 

 

・訪問着

華やかな場にぴったりの着物です。

結婚式などの席では、訪問着を着る女性も多いでしょう。

親族であれば留袖を着用するかもしれませんが、遠い親戚で留袖は少し気が引けるという場合も訪問着に紋が入った着物であれば問題ありません。

また、振袖だと派手だと感じてしまう場合や、留袖だと格が高すぎて躊躇してしまうときに選ばれやすい着物です。

 

・付け下げ

訪問着より少し控えめな着物になります。

豪奢な印象にならず、子どもの入学式などの行事に着て行けます。

選ぶ帯によって格を変えることができるので、普段から着物を着る人にとっては重宝する存在です。

 

・色無地

柄・色・家紋で作られたシンプルな着物です。

紋がつけばフォーマルな場で、なければカジュアルにも対応する着物になっています。

合わせる帯で全体の印象が変わるので、使い勝手の良い着物と位置付けられます。

 

・お召

別名お召し縮緬と呼ばれることもあります。

略式の礼装として使われ、お呼ばれだけではなく、オシャレ着としても活用できる着物です。

 

カジュアルな着物

 

・江戸小紋

小さな柄がある着物で、普段着だけではなく、オシャレ着としても活用できる着物です。

単色で全体に同じ模様がついています。

お稽古ごとに向かう際に着用するのも江戸小紋が多いかもしれません。

 

・小紋

普段着の代表的な着物です。

小さな模様が全体にあるデザインとなっています。

 

・紬

縞や格子模様の柄で、江戸小紋同様にオシャレ着、普段着として着用する着物となっています。

染めものではなく、染色した糸で作られる着物です。

 

 

何を着ていけばいいかわからないときは人に聞く

 

引用元:https://woman.excite.co.jp/article/love/rid_Ren_ai_251006/

 

着物初心者であれば、どの着物が正しいか、礼装といってもどれを着ていいかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

お呼ばれの席にも格があり、どの着物が正しいのか、判断するのは難しいと感じるかもしれません。

そのような場面に遭遇した場合は、同じ席に呼ばれた人に確認をとるのが一番です。

人に聞くのが恥ずかしいと感じるかもしれませんが、聞かないで間違った着物でその場にいる方が何倍も恥ずかしい時間を過ごさなくてはなりません。

それよりも一度聞いて確認するだけの方がよっぽど楽でしょう。

また、席で浮いてしまうとマナー的にも良いとされないので、周囲に合わせるためにも確認した方が無難です。

 

また、着物初心者であれば立ち居振る舞いに慣れないケースも想定されます。

着物を汚さないように少し裾をあげたり、予備の足袋を準備したりすると自信がつくかもしれません。

 

特に何もない日常やデートで着物を着たい場合は、カジュアル寄りの着物の中から、季節感のある着物を選ぶのが正解です。

あまりにも季節を無視した柄だと、浮いてしまう可能性もあります。

人の目が気になってしまうと着物を楽しめなくなってしまうかもしれません。

着物は洋服と同様にオシャレを楽しむことは大事です。

着物で楽しむためには、周りから浮かない柄や色物の中から、自分が好きなデザインや着こなしをするのがおすすめです。

 

 

おどおどしなければ大丈夫

 

自分が選んだ着物で大丈夫か、ドキドキしてしまう人もいるかもしれません。

もしくは人から見られていると、失敗した、間違っているのではないかと心配してしまうでしょう。

着物は華やかに見せるアイテムでもあるので、柄によっては人目を引くこともあります。

ですが、そのとき自信がないような姿勢になってしまっていては悪目立ちしてしまう可能性もあるのです。

せっかく素敵な着物を着て出かけるのですから、背筋をピッと伸ばし、あたかも着慣れていますという雰囲気を醸し出してみてください。

それだけで、「着物上級者なのかも」と思われますし、正しい着物を着ているように見えるでしょう。

プロや周囲のアドバイスを聴きながら着物を選べば失敗せずに着物を選ぶことができます。

場にあった素敵な着物で華やかさを演出してください。

Contact

WEB予約・お問い合わせ

アイコンお電話でのご予約・お問い合わせ

075-561-9410

(受付時間:9:00〜20:00)

アイコンLINEからのご予約・お問い合わせ

アイコンWEBからのご予約・お問い合わせ